いまどきのレンタルサーバー「ラッコサーバー」がすごい。友だちに「WordPressやりたい」と言われたらここ一択

IT(っぽい)業界にいると、昔からの友だちに「ホームページをWordPressでつくりたいんだけど、レンタルサーバーどこがおすすめ?ロリポップはどう?」と聞かれることが(まぁまぁ)あります。

どう答えていいか悩むことが多かったのですが、

ラッコサーバー、一択!

と思ったので、ポイントをまとめてみます。

WordPressの簡単インストールさえ不要

なんといっても、

WordPressの簡単インストールさえ不要なのです。

「かんたんブログスタート」で、ラッコサーバーの申し込みが終わると、

WordPressの管理画面に
ログインしている状態からのスタート。

「新規投稿」が押せちゃう状態です。

これは、衝撃です。

待っているだけで、なんの意識もせず、httpsの設定が終わる

SSLは、標準装備です。

待ってるだけで、なんの意識もせず、
SSL(https)の設定が終わります。

ラッコサーバーを契約して、
WordPressにはいって、記事でも書いてるうちに
なにもしなくても設定されます。

「あれ?httpsになってるけど、設定したっけ?

というのが初回利用時の感想でした。

WordPressのログイン情報を見失わない

ラッコサーバーのIDとPWを管理しておくだけで、WordPressにワンクリックでログインが出来ます。

ログイン情報って、IDとパスワードのイメージあると思いますが、
ログインURLって見失いがちです。

URLの後ろに「wp-login」つけるとか、普通わかりません。

ラッコサーバーの管理画面に「クイックログイン」リンクがあるので、WordPressのログイン情報(ログインURL、ID、パスワード)を意識しなくてもひとまず使えます。

中の人によるWordPressのトラブルサポート

WordPressを使っていると、
「なにもしてないのに画面が真っ白になった」
「なにもしてないのに英語のエラーがでた」
「●●を更新したら正常に動作しなくなった」

あるあるです。

こういった
WordPressのトラブルは、
ラッコサーバーの中の人が解決
してくれます。(1回 16,000円)

ちなみに、他のサーバーからの移行や高速化代行なども請けてくれます。

トラブルがあったときに、この価格で中の人が見てくれる

安心感の塊です。

2週間の無料バックアップと復元。

なにかトラブルがあったとき

「昨日に戻す」だけで
だいたいなんとかなる

ことがほとんどです。

サイトM&A(リアルタイム譲渡)

「数万円稼ぐサイトが20〜30万円でポコポコ売れる」時代。

ラッコM&Aを使うと、運営しながらオークションに出しておいて、
売れたらポチッとワンクリック移転。

ちょっと意味のわからない新しい世界観。

ラッコサーバー使ってると「サイトのリアルタイム譲渡」ができるので、

ちなみに、現在売りにでてるサイト一覧はこちら


1ヶ月 550円/月契約

ここまで全部ついて、なんとお客さん、なんと!

1ヶ月、550円!(年契約ならたった440円)

ちなみに、長い縛りとかなしでいつでも解約できます。

初期費用無料、マルチドメイン対応などプラン詳細はこちら

ラッコサーバーのすごいところまとめ

・サーバーの申し込みが終わったらWordPressの管理画面
WordPressの簡単インストールさえ不要
SSL(https)は待つだけでなにもせず自動設定
・2週間の無料のバックアップと復元
・WordPressトラブル改善サービス(1回 16,000円)
・サイトM&Aオークション提供、ワンクリックで移転が終わる
・移転代行や高速化代行なども有償対応可能
・安い(RK1 1ヶ月契約550円/年契約440円)

自社でもいくつか契約したり、移転したりして、よく使う機能はラッコサーバーの管理画面でできて、cPanel®で高度な操作ができるところもいいなと思いました。


友だちに「レンタルサーバーどこがいい?」と聞かれたら、ラッコサーバーを教えようと思います

運営会社?どこがやってるの?

Googleサジェストを取得してくれる「関連キーワードツール」を提供していた会社です。
(いまはラッコキーワードという名前になってます)

いまでも、SEOやサイト運営に役立ついろんなツールを提供されています。

この記事を書いた人

Hiroko Osaki

株式会社 Kaeru 代表取締役 大崎弘子
オオサカンのオーナー

専業主婦から、アルバイト、そして社長へ。
大阪生まれの大阪育ち。バツイチ、2児の母。

ChatWork社にアルバイトとして入社、SEO・広報・代表秘書を経て、子会社社長に、株式譲渡(MBO)により独立。大阪の本町にあるコワーキングスペース「オオサカンスペース」の運営がメイン事業。

・ビジネス交流を目的とした会員制BAR「コナイト
・スポーツ自転車に特化した会員制駐輪場「ヴェロスタ
・通学型アフィリエイトスクール「atus

世界36都市で開催される「IT飲み会」会長、広報ウーマンなにわ部の部長、船場経済新聞の編集長といった顔も。

コミュニティを作り、コミュニティ同士をつなぐのが得意。