記事サムネイル 記事サムネイル

オオサカンの配置換えの歴史とこれから|第20回スタッフつぶやきブログ

[こんにちは。オオサカンの基本業務もすっかりスタッフにお願いできるようになり、なりを潜めているマネージャーのエリーです。
今回のブログは「模様替え」について。
ちょうど今から3月くらいにかけて、模様替えを進めていこうと考えています。
考えれば入社した当初から、何回か模様替えをしてきました。
その歴史と、なぜそうしたのかもまとめてみます。
(画像はいろんなところから切り取ってきたので、文字が入り込んだりしてます)

模様替えの歴史

最初の頃

入社した当時、2014年5月ころは、こんな配置図でした。
正確には、オープン当初は1台だった真ん中のダイニングテーブルが、2台になっていました。
ソファエリアがスペースの半分を占めていたのはすでに懐かしい感じがします。

応接テーブルの導入

右奥に配置されて、打ち合わせがしやすくなりました。

ロッカーも同じくらいの時期に導入しています。

ソファーを撤去して、席数アップ

利用者さんが増えてきたのでテーブルを増やすため、ソファー席が2つを残しなくなりました。
コワーキングエリアを、右側に配置するなど大きめの模様替えをしたのはこと時がはじめてです。

床の張替え!!!畳席も導入。

2016年末には、床の張替え、畳席を導入!

絨毯の床から、フローリングっぽい床に張り替えました!
イベントをたくさん開催するので、掃除がしやすくなりました。
奥にあったドリンクエリアも、このタイミングで場所を移動しています。
畳席はちょっとしたストレッチなどにも使えるかなーと思ったのですが、今の所うまく活用できておらず、今回の新たな模様替えで命を吹き込もうと思っています◎
畳席の中は大容量の収納になっていて、とても助かっています。

ぼっち席(電話・オンラインミーティング席)

配置図にはなっていなかったのですが、このころに「ぼっち席」も作りました。
畳席の奥に、突っ張るタイプのパーテーションを壁から一人分の場所に設置し、小さなテーブルを置いただけの簡易的なものです。
海外からの利用者さんが増え、オンラインミーティングをする人が増えたので設置しました。
この後「ダンボっち」という、ダンボールでできた個室(?)になります。

パーテーションの裏側は電話やオンライン会議用のぼっち席

念願のバーカウンターと、電話室を施工!!!

ずーっと欲しい欲しいと言っていたバーカウンターをついに導入!
この時は嬉しくて、1週間くらいバーカウンターの中で仕事をしていました。

さらにやはり高まる需要で、ついに電話室を壁付きで施工!
防音ではないですが、ぐっとオンラインミーティングがしやすくなりました。
予約が被る日も出るようになってきて、本当作ってよかったなー。
電話室入り口のドア
配置図はこんな感じに。

これからの模様替えは?

まだ席に余裕はあるのですが、よりゆったりと、快適に使ってもらえるように思案中です。
入口に近いほうが冷暖房の効きがよいので、入口側にきているプリンター類を奥に移動させたり、配置上、複数人で使いにくかったテーブルを動かしたり。
畳席も小上がりとして、ちょっとしたストレッチができるようにする予定です。
1、2年するといろんな流れが変化してくるものです。
これからも柔軟に、その時に必要なように対応していけたらと思います。]]>