記事サムネイル 記事サムネイル

【遅い年賀ページ】激動の1年が過ぎました&コワーキングBar作ります

[株式会社 Kaeru 代表の大崎弘子です。
EC studio時代のなごりから、毎年イーシー(14)の日に年賀ページをお届けしています。
あけましておめでとうございます。
あっという間に過ぎ去った激動の2018年でした
Chatwork社の山本敏行氏がCEOを退任したことにより、
谷上プロジェクトを引き継ぐことになりました。
人生、ほんとになにがあるかわからないなぁと思ったすごく大きなできごとでした。
まったく縁のなかった神戸に滞在するようになり、
神戸のことがどんどん好きになってきました。
Kaeru社の株式を譲り受けたときからずっと考えていたのですが、
スポーツ自転車専用の駐輪場を運営していた
ヴェロスタ合同会社と株式会社Kaeruを合併しました。
オオサカンは、店長副店長体制になり、コワーキングスペースが
どうやったら盛り上がるか、スタッフミーティングを中心に考え、行動しています。
2019年は、オオサカンスペースで気軽に参加できる勉強会をいっぱい開催します。
(Googleアナリティクス、macの使い方、経理などなどなどなど、候補が20個くらいあります)
個人的には、体重を10kg程度落としたのでちょっとだけシュッとしました。
(年賀ページの写真はまだ落とす前&病気で減ったわけじゃないです、念のため)
Kaeruは、スタッフが増えて、大阪6人、神戸7人、沖縄1人の合計14人の体制になっています。
沖縄は遠隔勤務だったのですが、自宅で働くのが限界になりオフィスが必要になってきました。
先日沖縄で物件を探したところ、まさにこういうの!という物件が見つかり(那覇ではなく東浜)
もしかすると、もしかしなくても泊まれるコワーキング「オキナワンスペース(?)」ができるかもしれません。

ちょっとめちゃくちゃな挑戦ですが、
2月12日にコワーキングBar「コナイト」をオープンします。

オオサカンに行きたいけどメンバーじゃないので気軽に行きづらいと、
ほんとによく言われるんですよね、すいません、ほんとにごめんなさい。
オオサカンメンバーが仕事したあと集まるBarがあって、
ふらっと近くで働く人や出張中の人が立ち寄れれば交流が広がっていいなぁと、
ずっと毎日流れてくる物件情報を見ていました。
2年近くピンと来るものがなくて、やっと見つけた「船場ララバイ」跡。
予定の3倍の広さと家賃(!)に震えながら2年も物件情報見てきたので、
これ以上気に入る物件はもうないやろう…と覚悟を決めてやることにしました。
月5,000円で毎日通える価格破壊の会員プランと、
ふらっと立ち寄れる一杯500円のプランの二本立てで、
コワーキングスペースの交流要素を取り出して濃縮したような場所にします。
飲みながら仕事の話しをするのがイヤじゃない属性が集まっていて、
うまく行ったことを一緒にお祝いしたり、うまく行かないときに相談したり、
その場にいる人と気軽に雑談できる雰囲気で、働く人の溜まり場でもありたくて、
仕事が終わった後ひとりで、会食の後ふたりで、誰かいるかな?と約束をしてなくても
ふらっと立ち寄って楽しめるそんなコンセプトです。
曜日ごとに女性社長が店長(もう少し募集中)で、
わたしは21時半くらいにほぼ毎日行く予定です。
大阪・本町に来られた際は、気軽にフラッと立ち寄ってくださいね。
いろんな動きを元に法人の目的を変更したのですが、
何やってる会社かますますわからなくなってきました。
Kaeruって何やってる会社?がパッとわかる年賀ページを作成しました。
お時間が許せば、見てやってください。
2019年年賀ページ(7周年)激動の1年が過ぎました&コワーキングBar作ります
http://kaeru-inc.com/nenga/2019/
下部のフォームからメッセージいただいたかたには、
ドリンクの招待チケット(データ)をオープンのころにお届けします。
株式会社 Kaeru
代表取締役 大崎弘子
 
]]>

自粛期間中にバーチャルオオサカンをオープンしました!

24時間営業、参加無料、メンバーじゃなくても自由に使えます
バーチャルコワーキング


Kaeru社は現在テレワーク中!
しっちゃかめっちゃかテレワークライフブログ