記事サムネイル 記事サムネイル

【自分でも音声を確認しながら】インタビュー動画や音声を自動で文字起こしする方法

取材やインタビューをする際に、テープレコーダーや動画を回して議事録を取っているという方も多いと思います。

しかし、そのあとに待っているのが、文字起こし地獄。文字起こしをするだけで、かなりの時間を費やしてしまうこともしばしば・・・。

でも実はこの作業、Googleドキュメントというツールの音声入力を使うことで、簡単にラクできることをご存知でしょうか?

ただ、このGoogleドキュメントの使う方法は、初期設定だけ少しめんどくさいんです。そこでこの記事では、画像付きでその初期設定方法を解説していければなと。

また、本記事で紹介している方法であれば、文字書き起こし時に起こる無音になる現象を回避することができるので、自分で音声を確認しながら自動文字起こしできるようになりますよ!

※なお、この記事ではmacを使って操作方法を説明しています。Windowsを使う場合とは、操作方法が異なる場合がございます。ご了承ください。

用意するもの

今回紹介する文字起こしをするために必要なアプリは

  • LadioCast(無料)
  • Soudflower(無料)
  • Google Chrome(無料)

こちらの3つです。以下の手順に沿って、ダウンロードをお願いします。

用意するもの1つめ、LadioCast(無料)

macから「App Store」を開きます
「LadioCast」で検索し、ダウンロードします

LadioCastはこれで完了です。

用意するもの2つめ、Soundflower(無料)

これだけ、ちょっとややこしいです(笑)けど、これさえクリアすればあとは簡単な作業だけなので頑張りましょう!

Soudfloweダウンロードページ」へ移動します

ページ下部のdmgファイルをクリックしてダウンロードします

ダウンロードファイルをクリックします
pkgファイルをダブルクリックします

「OK」をクリックします

おそらくほとんどの方がここの段階ではダウンロードできないはずです。ただし、このダウンロードしようとする動作をしないと、後の設定ができなくなります。

「システム環境設定」をクリックします

「セキュリティとプライバシー」をクリックします
「このまま開く」をクリックします

一般タブでの動作となります。それ以外のFileVaultタブ等が開いたのであれば、一般タブへの移動をお願いします。

「開く」をクリックします
macのユーザー名とパスワードを入力し「設定を変更」をクリックします
「続ける」をクリックします
「インストール」をクリックします
macのユーザー名とパスワードを入力し「ソフトウェアをインストール」をクリックします

これでもインストールが完了しない方は以下を参照してください。

❼で開いた「セキュリティとプライバシー」を開きます

左下の鍵マークをクリックします
macのユーザー名とパスワードを入力し「ロックを解除」をクリックします
「App Store」に変更します
鍵マークをクリックします
macのキーボードで「⌘Q」を押します

この動作でシステム環境設定が閉じます

もういっかい❼で開いた「セキュリティとプライバシー」を開きます
右下に開発元MATT INGALLS・・・が出現しているので「許可」をクリックします

もし出現していなければ、もう一度「⌘Q」を押して開き直すという動作を何回か繰り返すと出現することがあります。僕は2,3回くらい設定を閉じたり開いたりしたら出現しました。

❶からをもう一度行います

ちょっとめんどくさかったですが、これで完了です。

用意するもの3つめ、Google Chrome(無料)

すでにGoogle Chromeが入っているよという方は、この項は飛ばしてもらって大丈夫です。なお、macに標準で入っているWebブラウザ「Safari」では、今回紹介する方法で文字の書き起こしができないので注意が必要です。

「Chromeをダウンロード」をクリックします
「同意してインストール」をクリックします
「Google Chromeを起動」をクリックします

これでGoogle Chormeのダウンロードは完了です。

文字起こし前の初期設定

macの「システム環境設定」を開きます
「サウンド」を開きます
出力を「Soundflower(64ch)」にします
入力も「Soudflower(64ch)」にします
「LadioCast」を起動します
入力1の内蔵マイクをクリックします
「Soundflower(64ch)」に変更します
出力メインは「Soudflower(2ch)」に変更します
出力 Aux1は「内蔵出力」に変更します
入力1の下の欄にある「AUX 1」をクリックします

赤くなっていればOKです。

初期設定はこれで以上です。

音声の文字起こし方法

やっと本題の文字起こしです。

文字起こししたい音声ファイルや動画を再生できるようにしておく
Googleドキュメント」を立ち上げて、新しいドキュメントを立ち上げます
「ツール」をクリックします
「音声入力」をクリックします
文字起こししたい音声ファイルや動画を再生します

先にマイクボタンを押してから、動画を再生しようとするとうまく文字起こしできません。先に動画を再生しましょう。

急いでドキュメントに戻り、マイクボタンを押します

以上で文字起こしが開始されたかと思います!

この方法を使えば音を確認しながら文字起こしできる!